さいたまどうこうよりやっぱり税理士としての経験が重要

薄毛治療を依頼することは、恋愛に似ている。 > 税理士 > さいたまどうこうよりやっぱり税理士としての経験が重要

さいたまどうこうよりやっぱり税理士としての経験が重要

2015年8月 4日(火曜日) テーマ:税理士

税理士を選ぶときにいろんな基準を持って選びますよね。税理士としての経験であったり、どういった分野に強い税理士か、顧客にはどういった分野が多いのか、どの地域の顧客が多いのか、などですかね。

 

確かに、税理士というのは資格で言うとみんな一緒ですが、各々の税理士以外の面は全く違っている可能性が高いです。例えば、税理士の勉強しかしていなくて、一般企業での勤務経験が全くない方もいれば、一般企業で税務関係の仕事に携わる中で、税理士に興味を持ち、税理士の資格を取得して、仕事にするようになったという方もいます。

 

元税務調査官のキャリアを持ったさいたまの税理士

 

税理士は企業の税務関係に携わることですので、知識も重要ですが、それ以上に様々な現場のことを知っていることが重要とも言えます。いくら知識があっても、机上の空論になってしまっては意味がありませんから。

 

それに、税理士の役割は、コンサルタントのようなものになっていることもあります。実際に、経営コンサルタントとして活躍する税理士も少なくありません。企業の悩みの中の1つに挙がってきやすい税務のことだけに留まらず、企業の収益全般における相談もできるケースがあります。

 

どうせなら、そういった税理士が良いですよね。